歯科アールクリニック

着色除去

ジェット噴射で汚れを除去する「エアフロー」

エアフローとは、水と超微粒子なパウダーをウォータースプレーで吹き付けて、歯の表面の汚れを取り除く歯科処置です。タバコのヤニやコーヒー、紅茶、ワインなどによるしつこい汚れに効果的です。ホワイトニングのように歯の表面を漂白するわけではありませんが、着色汚れに効果的で歯の白さを取り戻すことができます。

 

 

 

 

着色の原因って何?

歯が着色してしまう原因の代表は喫煙や飲食による色素の沈着です。日常的に口にするお茶やコーヒーなどを摂取することで、歯の表面汚れが付着します。歯の色が変わっていく原因として着色以外の原因もあります。大きく分けてると2つの原因に分けることができます。

外側から着色する原因(外因性原因)

1.ステインの着色(黄色や茶色系)

代表的な着色の原因でありますので知っている方も多いでしょう。着食を起こしやすい飲食物を多く摂取する食生活や喫煙によって色素や汚れが歯に付きます。歯の表面に付着したこれらの汚れがこびりついてとれなくなると歯の色が茶色や黄色に変わっていくのです。飲食物の中でもウーロン茶やコーヒーなどの色素の強い濃い飲食物は着色しやすいので注意しましょう。

2.プラーク(歯垢)による着色

歯と歯ぐきの間や歯と歯の間にプラークがあると黄色っぽく薄汚れた歯になっていきます。また、プラークが歯石になると黒っぽく見えることもあります。日頃から歯のブラッシングはしっかり行いましょう。

 

内側から着色する原因(内因性原因)

3.歯の神経(歯髄)の死んだ場合

歯の神経を抜く場合、多くのケースでは出血を伴います。血液中の赤血球が歯髄の中で分解して着色物質へと変化します。このため、歯の神経が死んだ歯は黒ずんでくるのです。

4.加齢による着色(黄色や茶色)

年齢を重ねることによって徐々に黄色くなっていきます。加齢による黄ばみは、歯の内部にある象牙質の色が徐々に濃くなっていくことと、歯の表面のエナメル質が薄くなっていることに起因します。薄くなったエナメル質の下から、黄色みを増した象牙質が透けて黄色っぽく見えるようになってきます。弱い黄ばみならホワイトニングでもとの白さに戻りやすいが、強いきばみだとホワイトニングだけでは戻らない場合がありますので、エアフローと併用してもいいでしょう。

5.薬剤の影響

テトラサイクリン系抗生物質を胎児期~歯の形成期(12歳頃まで)に服用すると象牙質に色素沈着することがあります。歯の生え変わりで気にならなくなる場合もあります。

 

歯を白くする方法

歯を白くする方法は大きく分けて2つあります。1つはエアフローを含めた歯のクリーニング。2つ目はホワイトニングです。クリーニングの種類とホワイトニングとの違いを整理します。

クリーニングには大きく分けて3つあります。

  1. エアフロー
  2. 歯石とり
  3. PMTC

歯石とりは、超音波スケーラーという振動で汚れを落とす機械を使って医師や歯科衛生士が行います。PMTCは、専門的な機械で歯面清掃とフッ素入りの研磨ジェルを使います。歯の表面をつるつるにするこによってプラークを付きにくくし、虫歯や歯周病を予防します。

これらのクリーニングは、歯の表面に付いている汚れのみを取り除く処置なので、もともとの歯の色が変色している場合はクリーニングだけで白くなることはありません。変色する原因が外因性要因の場合、クリーニングで歯の白さを取り戻すことができます。内因性の場合は、クリーニングに加えてホワイトニングされることをおすすめします。

ホワイトニングは、消毒薬と同じ成分である過酸化水素を使って、歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解、漂白するというのが基本的なメカニズムで

す。ホワイトニング直後は一時的に冷たい物や温かいものがしみやすかったり、着色しやすくなりますが、時間が経つにつれて落ち着いてきます。ホワイトニングによって歯が痛むことはありません。詳しい内容はトップページの「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」をご覧ください。

 

 

歯のクリーニングはホワイトニングとくらべて安価です。歯のちょっとした汚れや黒ずみが気になるという方はエアフローをお試しください。ホワイトニングを考えている方もエアフローによって歯の着色が気にならなくなる場合もあります。またエアフローはエアーとパウダーで汚れを強力に吹き飛ばしますが、歯の表面を磨くといった性質のものではありません。歯の表面がつるつるしているほうが着色汚れの再付着を防ぎやすいので、エアフローの後はクリーニングで表面を仕上げるとより効果的です。

エアフローは保険適用外です。