インビザライン

インビザラインとは、全世界で900万人が使用している透明なマウスピースの矯正装置です。

歯並び・噛み合わせを治療するため、患者様ひとりひとりのためにカスタムオーダーで製造されます。

 

 

インビザラインの特徴
〇目立たない

ワイヤー矯正と比べ、薄くて透明なマウスピース型矯正のため、装着していても目立たなく、見えにくいため周りの人に気付かれることはほとんどありません。

人と接する機会が多い方でも、周りの人に気付かれずに歯並びをきれいにしたい方にとっては、最良の矯正治療と言えます。

 

 

 

〇簡単に取り外しができて衛生的

使用するアライナー(マウスピース)は取り外しが可能なため、食事の際はいつも通りに快適に食事ができます。

ワイヤー矯正は装置に食べ物が挟まったり、食事がしづらかったりしますがマウスピース型矯正はそのようなことがありません。

※装着したままの食事はできません。

歯磨きも今まで通り行えるので口腔内を清潔に保つことができます。

また、アライナーは洗浄できるのでとても衛生的です。

 

 

 

〇痛みを感じにくい

矯正治療は歯に力をかけて動かしていくため、どうしても痛みを伴います。

ワイヤー矯正では、大幅に歯を動かすため力がかかりやすく痛みも強く感じます。

また、ワイヤーやブラケットが歯茎や頬の粘膜にあたる事による痛みもあります。粘膜に強く擦れることによって傷がついたり、口内炎ができることが多々あります。

インビザラインでは0.2㎜~0.3㎜の細かい範囲で歯を移動させます。

歯を小刻みに細かく動かしていくので、従来のワイヤー矯正に比べ無理な力がかからず痛みは小さいと言われています。アライナーで口腔内が傷つくことはほとんどありません。10日~2週間ごとに新しいアライナーに替えていきます。

 

〇通院回数が少ない

アライナーはまとめてお渡しするので、ご自身で交換して装着できます。

通院は1か月半~2か月に一度程度ですので、通院の頻度がワイヤー矯正より少なくなります。

※通院回数は症状によって個人差があります。

 

 

 

〇金属アレルギーの心配がない

インビザラインは金属を使用していません。そのため、金属アレルギーがある方・金属アレルギーが心配な方も

安心して治療を受けて頂けます。

 

 

インビザラインの注意点

①インビザラインの治療は、1日20時間以上の装着をお願いしております。

1日20時間以上装着することができない場合、十分な効果が得られなかったり、治療の進歩が遅れる可能性があります。

自己管理で装着時間をできるだけ長く保つことが必要になります。

毎日、決められた時間の装着が困難な方には不向きな治療となります。

 

②虫歯や歯周病、抜歯の治療が必要な場合は、矯正治療を始める前に治療します。

矯正治療の途中で虫歯治療をすると、歯の形が変わるのでアライナーが合わなくなります。

アライナーの再製造が必要になります。

そのため、虫歯予防には細心の注意を払いましょう。

 

③歯の重なりや歯のずれ、顎の骨格自体にずれがある場合、対応できないことがあります。

 

治療の流れ

①初診

口腔内診査、パノラマレントゲン、口腔内写真、歯周病の検査を行います。

 

②虫歯や歯周病、抜歯の治療

インビザラインを始める前に治療をします。

 

 

③精密検査

インビザラインの治療に必要な検査を行います。

セファロレントゲンや顔写真、iTero(口腔内スキャナー)での歯型採取等が必要です。

歯並びの状態や治療を正確に診断します。

 

④カウンセリング

精密検査の診断・検査結果をお伝えします。

治療計画や、治療期間についての説明を行います。

動画シミュレーションで歯の動きを確認できるため視覚的にイメージできます。

 

⑤アライナーの製造

治療計画承認後、治療完了までのアライナーをまとめて製造します。

 

⑥治療の開始

必要に応じてIPR(歯間を必要分削る)や歯にアタッチメントをつけます。

 

アライナーをお渡しして治療を始めます。

毎日装着していただき、10日~2週間ごとに新しいアライナーを装着して進めていきます。

治療にかかる期間は歯を動かす距離や本数によって変わります。

 

⑦治療経過の確認

1カ月半~2か月に一度通院してもらい、治療経過を確認します。

 

⑧治療終了(保定)

治療終了後、最終的な嚙み合わせの確認をします。

問題がなければ歯並びを安定させるためにリテーナー(保定装置)を使用し、後戻りを予防します。

 

ホワイトニング

アライナーを使って、すぐにホームホワイトニングが可能です。

歯科医院専用のホワイトニングジェルの購入も可能です。

 

 

インビザライン治療をする医院選びについて

 

矯正治療は正確な分析と診断をする専門的な治療のため、歯科医の経験値により差がでます。

インビザライン治療の利点は多くありますが、不幸にしてインザライン治療でうまくいかなかった場合、ワイヤー矯正治療でリカバリーできるドクターのもとで治療をすることが重要になります。

安易にインビザライン治療をおすすめする医院もあるかと思いますが、当医院ではインビザライン治療とワイヤー矯正治療の両方対応する事により患者様のお口の状態やご希望に合わせてご提案しております。

 

デンタルローン、各種クレジットをご用意しております。

デンタルローンを使って無理のないお支払が可能です。

 

医療費控除について

1年間にご家族で合計10万円以上の医療費を支払った場合には、収めた税金の一部が還付されます。

ご自身と生計をひとつにするその他の家族の方の、その年の1月1日から12月31日までの間に合計10万円以上の医療費を支払うと、一定の金額の医療控除を受けることができます。税務署へ確定申告することで、治療費の一部が戻ってくるのです。このときに、領収書が必要になりますので、大切に保管しておく必要があります。もし、申告し忘れても5年前までさかのぼって医療控除を受けることができます。

 

※医療費控除の対象とならない場合もありますので、国税庁ホームページにてご確認ください。

国税庁ホームページへ