Skip to content
富山市のデンタルクリニック(インプラント、非抜歯矯正歯科、ホワイトニング、審美歯科、予防歯科)なら歯科アールクリニック

X線写真撮影による被爆について

歯科医療で扱うX線写真による被爆の量は極めて少量で十分安全な範囲です。

X線写真撮影における放射線は、普段生活のなかで1年間に浴びている自然の放射線の総量の1/100程度の量です。鉛のエプロンをつけることで線量はさらに減少します。

歯科用CTも、医科で用いられるCT検査に比べると、非常に放射線量は少なく済みます。

従来のX線(アナログ式)の放射線量は、デンタルX線写真0.02mSv、パノラマX線写真0.03mSv程度でしたが、現在のデンタルX線写真の実効線量は0.01mSv、パノラマX線写真は0.02mSv程度といわれており、近年ではデジタル化が進み、従来よりさらに被爆量は少なくなっております。

また、妊娠時におけるX線の影響がよく問題になりますが、放射線の胎児に対する影響は、100mSv以上となっており、歯科X線写真撮影ではほとんど問題はありません。

照射部位が子宮から離れており、厚さ0.3㎜以上の鉛入り防護エプロンを使用することにより、放射線量を焼く100分の1まで低くします。そのほか臓器への影響もほとんどなく安全です。

そして、X線撮影室は鉛などで遮蔽されていて、外部に漏洩しないよう設計されているので、室外での術者の被爆はほとんどないと考えても大丈夫です。

Scroll To Top