削らない新しい虫歯治療

削らない、痛くない新しい虫歯治療「ドックズベスト」

「ドクッズベスト(Doc'sBest)」は歯につめるお薬です。この薬は、虫歯を半永久的に無菌化し再び虫歯にならないようにしてくれます。アメリカ合衆国で公的機関の厳しい検査・認可を受け、商品化されています。お薬と言っても、抗生物質などとは違い人間の血液中に含まれる銅イオンを主成分とした様々なミネラルから作られた安全で人体にやさしいお薬です。

ちなみに、アレルギー検査では、歯科で用いられるセメント等の薬剤の中でアレルギーが少ないというデータが出されています。子供からお年寄りまで安心して使えるお薬です。

虫歯ができる原因と従来の治療法は?

虫歯は虫歯菌による感染症によって引き起こされます。虫歯菌が菌に感染して、歯を溶かす酸を出します。酸によって歯は溶かされ、より深いところへ菌は入っていきます。そこでまた酸を出し・・・・・やがて歯の中心部にある歯髄(神経と血管の袋)まで到達し、感染。今までの治療では、麻酔をして、虫歯を削り、つめるためにさらに大きく削って、つめものをするというのが普通です。頑張って通ったはずなのに、また痛くなる。もう一度削ってつめものをして、また痛くなって今度は神経を取り、かぶせ物をする。やがて抜かなければならない状況に陥ります。

Doc's Bestって?

通常の治療は[虫歯部分を完全に除去する]ことが基本です。虫歯部分を完全に除去するのに痛みがある場合は麻酔が不可欠です。ところが、このDoc's best sement(ドックズベストセメント)は虫歯部分を完全に取り除きません。なぜなら、虫歯部分が残っている方が都合がよいからです。ドックズベストの力で虫歯部分は無菌化され、石灰化し治癒するのです。

このドックズベストセメントは、画期的な抗菌物質により、虫歯菌(ミュータンス菌、乳酸桿菌)を12ヶ月に渡り殺菌効果があります。成分に銅・リン・鉄・アルミ・酸化チタンなどが含まれ、銅が殺菌作用の主な成分になり、他のミネラルは虫歯で感染した資質の再生に使われます。銅は昔から殺菌法のひとつとして幅広く用いられ、そして微量でも殺菌力が強いことでも知られています。触媒によりイオン化した銅は細菌の細胞壁に吸着浸透し細菌の生命活動を阻害し死滅させる働きがあります。ドックズベストを使用することにより、虫歯菌に感染した資質をすべて削除することなく虫歯菌を除菌することができます。また、感染した歯質(軟らかい)は数ヶ月から数年で健康な歯質(硬い)に変化します。そのため、歯髄(歯の神経)の保護、保存が可能となります。最低限の歯質の削除で済むため、治療中の痛みはほとんどありません。(ただし、元々治療がされている歯、銀歯などは別です。)

ドックズベストセメントの使用は日本の保険治療の適応には含まれませんので、自費治療となります。

1触媒・・・・接触する周りの物質の化学反応を促進あるいは抑制する物質。

ドックズベストが使用可能な虫歯の適応症

  • 慢性的な虫歯(C2~C3)
  • 少ししみる程度で、強い痛みが無い
  • かんだりしても痛みが無い
  • 熱いものはしみない
  • 歯の神経が死んでいない歯牙

虫歯の段階

残念ですが、すべての虫歯に適応できるわけではありません。そして、金属が入っている歯牙、以前に治療をしている歯牙なども治療可能ですが、初めて虫歯の治療する歯牙の方が本来のドックズベストの力を生かせます。